不妊症体験談!赤ちゃんのために出来ること!

不妊治療して赤ちゃんを授かったママの体験を素に… 安産祈願・子宝祈願の出来る、神社仏閣も随時アップ中!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索してみよう

色々なキーワードで検索してみませんか?

検索ワード例
不妊症 漢方 / 不妊症 漢方 薬散 / 不妊症 原因 / 不妊症 原因 スピリチュアル / 男性 不妊症 原因 / 不妊症 原因 細菌 / 不妊症 原因 治療 / 不妊症 原因 淋菌 / 不妊症 男性 / 不妊症 男性 ミネラル / 不妊症 男性 治療 / 不妊症 男性 対策 / 不妊症 検査 / 不妊症検査 費用 / 不妊症 検査 男性 / 不妊症 検査 いつ / 不妊症 検査 抗核抗体 / 不妊症 治療 / 不妊症 治療 仕事 / L不妊症 治療 仕事 40歳 / 不妊症治療 鍼灸院 東京 / 不妊症治療 豆乳 / 不妊症 治療 やったこと / 不妊症 治療 病院 / 男性 不妊症 治療 / L男性不妊症 治療 病院 医院 / 無月経 不妊症 治療 / 不妊症治療 日記 / 不妊症 ブログ / 不妊症 漢方薬 / 不妊症 病院 / 不妊症 掲示板 / 不妊症 マカ
BE SHOP 自然な形で妊娠を目指す!

はじめに
不妊治療の本
世間の目
結婚したら赤ちゃんが出来る?
流産体験談
妊娠初期の生活に注意してくださいね!今は危険な時期ですよ。
流産って辛い
授かった赤ちゃんを大切に
手のひらに乗った小さな赤ちゃん
流産したときはそっとしておいて欲しい
死産体験談
死にまで至ったストレスのお話し
不妊症とは
不妊症とは
不妊症かなと思ったらセルフチェックしてみてね
セルフチェックしましょう
不妊治療に使われる医療用語【女性】
不妊治療に使われる医療用語【男性】
赤ちゃんが欲しい
赤ちゃんが欲しいと思ったら基礎体温を測りましょう
生命誕生の不思議!!排卵から着床までの物語
不妊症で悩んでいるあなた!あなたは冷え性ではないですか?
わが子をこの腕に抱きたくて!元気な赤ちゃんが生みたくて。
  ┣本当にあった、想像妊娠のお話し!
子宮内膜症
子宮内膜症とは
子宮内膜症の治療は
もっと知りたい内膜症のこと
子宮内膜症体験談
不妊症が原因?恥骨の辺りが痛い!そんな経験ありますか?
私の病気!子宮内膜症
婦人科を捜し求めて
赤ちゃんを授かるために
赤ちゃんを授かるためにすることは!
婦人科へ行くってちょっと不安
基礎体温を測りましょう
こんなときは婦人科へ行こう
婦人科へ行こう【2】
思い切って病院へ行ってみよう
もし自分たち夫婦が不妊症って思うなら
病院選びのポイントは
病院へ行くときの準備って?
初診ってどんなことをするの?【女性】
初診ってどんなことをするの?【男性】
治療はどんな風に行われるの?
原因を知るために行われる検査
頸管粘液検査
超音波検査
通気・通水検査
子宮卵管造影検査
選択的頸管造影検査
子宮鏡検査
フーナーテスト
なぜ赤ちゃんが出来ないの?
おりものに注意してみてください
生理の周期は大丈夫ですか?
流産したことはありますか?
急激に体重が減ったりしていませんか?
体調はいいですか?
中絶の経験はありますか?
男性に原因が?
ちゃんと射精できていますか?
精液の様子は?
性器の様子はどうですか?
男女共通の危険因子
こんな病気に心当たりはありますか?
太りすぎですか?
嗜好品を多くとる人は要注意
ストレスとホルモンの関係
仕事はハードですか?
家族に不妊の人は居ますか?
自力で妊娠する努力
排卵日をねらっていますか?
妊娠のためのセックスって!
良い精子を作るために
妊娠するための栄養素って何?
男性の精力を高める栄養素は?
こんな食べ物は体に良い妊娠しやすい体を作るために
こんなお茶が効く
血行が悪いと不妊につながる
漢方で妊娠しやすく
妊娠のためのメカニズム
排卵のしくみ
排卵から生理まで
精子の旅から始まり受精と着床まで
不妊の原因をもっと知りたい
女性の場合の不妊の原因は
卵管障害
排卵障害
度重なる流産の原因は?
男性の場合の不妊原因
精子形成障害
もっと知りたい男性不妊
安産・子宝祈願
北海道
青森
岩手
秋田
山形
宮城
福島
茨城
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログに参加しています。応援よろしくね。

私は、産みたい |野田 聖子

私は、産みたい私は、産みたい
野田 聖子
新潮社 刊
発売日 2004-12-02
価格:¥1,260(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




読んでよかったです。 2005-06-08
 「子供はまだいいや」と考えている私は、この本を読んで思いました。いざ子供が欲しい、と思ったときに私自身にも野田さんと同じ事が起こっても不思議じゃないと。夫の鶴保さんと野田さんのやり取り、治療の内容、ようやく授かった赤ちゃんを必死で守ろうとする母親としての思い、流産の衝撃。国会議員としての野田さんではなく、子供を熱望する一人の女性としての彼女の姿がそこにはありました。
 不妊治療というと、女性だけみたいな印象がありますが、男性にも精神的に負担があるものだということも、読んでいて分かりました。野田さんはとても年齢のリミットを気にしておられるのが痛いほど伝わってきます。それでも前向きにいこうとされる姿勢にに好感が持てました。「赤ちゃんができない!どうしよう...もうだめだ」というだけの本ではありませんでした。

女性の素晴らしさを教えられる本--これから父親に成る男性が、この本を読むことを望む 2005-05-26
 或る国に、私の友人で、妊娠中に、胎児に奇形の可能性が有ると、告げられた女性が居る。医師は、彼女に、彼女が望むなら、中絶も考慮する事を告げ、彼女に、どうするか?と尋ねた。その際、彼女は、「私は、クリスチャンです。」と答え、いかなる運命が待ち構えようとも、その子を産む意思を告げた。それから数ヶ月後、彼女には、全く健康な子供が産まれた。彼女は、その事を深く神に感謝した。--この話を聞いた時、私は、彼女を何と素晴らしい人だろう、と思った。そして、同時に、その様な選択をした彼女ではあったが、その子が生まれるまでの間に、どんな事を思ひ、どんな気持ちで居たのだろうか?と、思はずには居られなかった。彼女がした事は、女性だけに出来る事である。--野田聖子さんのこの本(「私は産みたい」)を読んだ時、私は、私の友人のこの体験を思ひ出した。そして、同時に、大江健三郎の「個人的な体験」の一節を思ひ出さずには居られなかった。物語の終はり近くで、祖国を捨てようとする東欧の外交官が、主人公に、カフカのこんな言葉を教える。--「生まれてくる子供の為に、父親が出来る事は、ただ待つ事だけである」--父親は、生まれて来る子供を、ただ待つ事しか出来無い。しかし、女性には、待つ事以上の何かが出来るのである。--女性とは、何と素晴らしいものだろうか。--この本が、これから結婚し、父親に成る若い男性に読まれる事を望む。



(西岡昌紀・内科医)

「何としてでも赤ちゃんの生命を守りたかった。」 2005-03-25
この本は、赤ちゃんが欲しくても出来にくい、「不妊症」と戦う
著者の物語です。不妊治療をし、流産を経験し、手術をして…
葛藤と戦い、“繰り返し寄せては返す希望と絶望の波”に押されながらも
必死で生命を考え、前向きに生きる野田さんの言葉で綴られています。
中には赤ちゃんが出来ず苦しむ野田さんが、ノートに書き綴った「詩」のようなものが載せられていました。眠れずに、苦しむ姿や、やっと授かった生命が
切迫流産によって失くなってしまう、悲しい事まで書いてあり、
命の尊さ、当たり前に妊娠し産めるという幸せについて女性であれば
今一度考えずにはいられません。
野田さんが「悪阻」という吐き気をもよおす辛い症状と戦っている時でさえ
お腹の赤ちゃんに向かって「あなたのこと愛してるよ」「頑張れ、私はもっと気持ち悪くなってもいいから」と、そういう必死で深い愛情を持ち
それでもなお産まれない、奪われてしまう生命…。
どれだけ辛い事なのでしょうか。また、仕事をどうしても優先してしまう姿には「何故そこまで」と少し思うかもしれません。
けれど議員となれば仕方のない事なんですね。悪い噂など立つ恐れがあるという文を読んで大変さを知りました。
街ですれ違った子連れの家族を『羨望』と『嫉妬』の目で見る野田さん。
子供なんて外に一歩足を出せばどこにでもいます。そんな世界で、産みたいのに産めない、今もなお産む努力をしている野田さんの複雑な気持ち。
子供を見る度に憧れと、辛い気持ちが込み上げるのでしょうね…。途中で夫婦愛が深まるのを読むのはとても素晴らしかったです。

拝啓 野田聖子様 2005-03-22
 いまだに厳しい男性社会である政界に属するあなたが、自分自身の不妊治療や妊娠・流産の体験について本を出すというのは、とても大変なことだったと思います。
 赤裸々に自分をさらけ出された勇気に、まず拍手を送りたいと思います。
 不妊治療がこんなにも大変だったことを今まで知りませんでした。同じ悩みを持つ人は、著名人であるあなたが本書を発表したことによって勇気付けられたことでしょう。
 しかし、違和感も感じました。一つは、野田聖子は、自分の力だけで全てを解決してきたと自負できる強い人だ、ということです。
 あなたが、これから本当に国を背負っていくのであれば、今回の「自分の力で解決できないことを経験した」ということを大切にしていただきたいと思います。今回感じたこと、自分自身の身体でありながら自分の思い通りにならない苛立ち・もどかしさ、というものが、庶民と共感できるきっかけになれば幸いです。
 もう一つは不妊治療の費用に全く言及していなかったことです。体外受精は1回あたり数十万円もかかるそうですね。費用のことを書かなかったのは、あなたの苦しみが「結局は、お金持ちの贅沢な悩み」と思われることを懸念したのでしょうか。
 もしそうだとすれば、あなたの「庶民」の理解度はまだまだ浅いと言わざるを得ません。庶民は、お金持ちであることを隠さない人間に羨望は覚えますが、それによって傷つくことはありません。むしろ、お金持ちであることを隠す人間に出会った時に、「あっ、この人は私をかわいそうな人だと思っている」と気付き、そのことによって傷つくのです。
 自分が少々お金持ちであることをあなたが隠そうとしているうちは、真の庶民の味方にはなれないでしょう。
 以上、お気に沿わない内容を書き連ねました。日本の将来を担う指導者に育つために、参考にしていただければ幸いです。
         敬具


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/7/23に作成しました。


にほんブログ村 家族ブログに参加しています。応援よろしくね。

≪ みんなしりたいピルのおはなし―きれいなお肌とかわいいココロ |種部 恭子 /うみの みちこ /ヨモギ田 リョオコホームピル |北村 邦夫 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

BE SHOP 自然な形で体質改善

プロフィール

梅莉

Author:梅莉








My Yahoo!に追加

Add to Google

ブログ内検索

最新の記事

RSSフィード

全ての記事を表示する

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。