不妊症体験談!赤ちゃんのために出来ること!

不妊治療して赤ちゃんを授かったママの体験を素に… 安産祈願・子宝祈願の出来る、神社仏閣も随時アップ中!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索してみよう

色々なキーワードで検索してみませんか?

検索ワード例
不妊症 漢方 / 不妊症 漢方 薬散 / 不妊症 原因 / 不妊症 原因 スピリチュアル / 男性 不妊症 原因 / 不妊症 原因 細菌 / 不妊症 原因 治療 / 不妊症 原因 淋菌 / 不妊症 男性 / 不妊症 男性 ミネラル / 不妊症 男性 治療 / 不妊症 男性 対策 / 不妊症 検査 / 不妊症検査 費用 / 不妊症 検査 男性 / 不妊症 検査 いつ / 不妊症 検査 抗核抗体 / 不妊症 治療 / 不妊症 治療 仕事 / L不妊症 治療 仕事 40歳 / 不妊症治療 鍼灸院 東京 / 不妊症治療 豆乳 / 不妊症 治療 やったこと / 不妊症 治療 病院 / 男性 不妊症 治療 / L男性不妊症 治療 病院 医院 / 無月経 不妊症 治療 / 不妊症治療 日記 / 不妊症 ブログ / 不妊症 漢方薬 / 不妊症 病院 / 不妊症 掲示板 / 不妊症 マカ
BE SHOP 自然な形で妊娠を目指す!

はじめに
不妊治療の本
世間の目
結婚したら赤ちゃんが出来る?
流産体験談
妊娠初期の生活に注意してくださいね!今は危険な時期ですよ。
流産って辛い
授かった赤ちゃんを大切に
手のひらに乗った小さな赤ちゃん
流産したときはそっとしておいて欲しい
死産体験談
死にまで至ったストレスのお話し
不妊症とは
不妊症とは
不妊症かなと思ったらセルフチェックしてみてね
セルフチェックしましょう
不妊治療に使われる医療用語【女性】
不妊治療に使われる医療用語【男性】
赤ちゃんが欲しい
赤ちゃんが欲しいと思ったら基礎体温を測りましょう
生命誕生の不思議!!排卵から着床までの物語
不妊症で悩んでいるあなた!あなたは冷え性ではないですか?
わが子をこの腕に抱きたくて!元気な赤ちゃんが生みたくて。
  ┣本当にあった、想像妊娠のお話し!
子宮内膜症
子宮内膜症とは
子宮内膜症の治療は
もっと知りたい内膜症のこと
子宮内膜症体験談
不妊症が原因?恥骨の辺りが痛い!そんな経験ありますか?
私の病気!子宮内膜症
婦人科を捜し求めて
赤ちゃんを授かるために
赤ちゃんを授かるためにすることは!
婦人科へ行くってちょっと不安
基礎体温を測りましょう
こんなときは婦人科へ行こう
婦人科へ行こう【2】
思い切って病院へ行ってみよう
もし自分たち夫婦が不妊症って思うなら
病院選びのポイントは
病院へ行くときの準備って?
初診ってどんなことをするの?【女性】
初診ってどんなことをするの?【男性】
治療はどんな風に行われるの?
原因を知るために行われる検査
頸管粘液検査
超音波検査
通気・通水検査
子宮卵管造影検査
選択的頸管造影検査
子宮鏡検査
フーナーテスト
なぜ赤ちゃんが出来ないの?
おりものに注意してみてください
生理の周期は大丈夫ですか?
流産したことはありますか?
急激に体重が減ったりしていませんか?
体調はいいですか?
中絶の経験はありますか?
男性に原因が?
ちゃんと射精できていますか?
精液の様子は?
性器の様子はどうですか?
男女共通の危険因子
こんな病気に心当たりはありますか?
太りすぎですか?
嗜好品を多くとる人は要注意
ストレスとホルモンの関係
仕事はハードですか?
家族に不妊の人は居ますか?
自力で妊娠する努力
排卵日をねらっていますか?
妊娠のためのセックスって!
良い精子を作るために
妊娠するための栄養素って何?
男性の精力を高める栄養素は?
こんな食べ物は体に良い妊娠しやすい体を作るために
こんなお茶が効く
血行が悪いと不妊につながる
漢方で妊娠しやすく
妊娠のためのメカニズム
排卵のしくみ
排卵から生理まで
精子の旅から始まり受精と着床まで
不妊の原因をもっと知りたい
女性の場合の不妊の原因は
卵管障害
排卵障害
度重なる流産の原因は?
男性の場合の不妊原因
精子形成障害
もっと知りたい男性不妊
安産・子宝祈願
北海道
青森
岩手
秋田
山形
宮城
福島
茨城
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログに参加しています。応援よろしくね。

日本で不妊治療を受けるということ |まさの あつこ

日本で不妊治療を受けるということ日本で不妊治療を受けるということ
まさの あつこ
岩波書店 刊
発売日 2004-09
価格:¥1,785(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




勇気が湧く本 2005-09-17
 不妊治療をはじめた半年間は原因検索が主で、治療の先行きが見えないゆえ不安が強い。そんなとき、本書に出会った。
 著者の体験は、生きたモデルとして参考になる。とりわけ、著者の感情を描写した部分は、心に染み入る。医師とのコミュニケーションの取り方は、とても参考になる。
 後半は、日本における不妊治療のネガティブな側面について触れている。コインの表裏があるように、どちらも知ることで、不妊治療における自由意志を持つことができると感じた。治療を受けるのに必要な勇気が、沸々と音を立てて湧いてくるような印象を受けた。

支えあう社会へ 2004-10-13
 妊娠にまつわるさまざまな事柄は、自分にとってもパートナーにとっても、もっともプライベートな事柄に関わるだけに、なかなかオープンに語り合うことが難しいテーマだ。
 出産を終えてしまった女性の多くは、必要以上にあけすけになってしまったりもするものだけれど、その一歩手前の段階で悩んでいる女性の多くは、悩みを打ち明け合う仲間にもなかなか出会えず、一人孤独に苦しむことになりがちだ。 多くの女性にとって、匿名で悩みを打ち明けあえるインターネットサイトの存在や本書は孤独な気持ちから抜け出すための、確かな足がかりになるのではないだろうか。 
 また、本書は核家族、少子高齢化の進む現代社会において「病院」が担う役割が多岐にわたりつつあることをも示唆している。 ことに、「情報」を患者といかに共有し、本人にとって好ましい人生を考え、支えていくには医療関係者がどのように患者に接し行動すべきであるかということ。また、医療現場と連携し、患者をサポートする機関が必要とされていることを痛感させられる。 「忍耐」を美徳とする日本においては、妊婦ですら、しばしば必要以上の「忍耐」を強いられる。その一歩手前で悩んでいる女性については、さらに言葉にすることの難しい様々な心理的、身体的なプレッシャーがのしかかっている。自分の経験を書きとめ、公にすることで、そのプレッシャーと向き合い、一冊の本を産みだした著者と著者のパートナーを心から尊敬する。

小さな勇気が、いつか大きな進歩につながる筈 2004-10-06
この本では、一般の病院で行われている不妊治療の現状、そして患者の心の揺れが、当事者ならではの視点で、かつ客観的に描かれている。
不妊は繊細な問題であり、表に出にくいだけに、治療の問題点について患者の立場から声を上げた所に、本書の価値があると思う。同じ思いをしている多くの女性に、色々な意味で勇気を与えるのではないか。
更に著者は、海外の先進事例を丁寧に調査し、日本の遅れを指摘している。子育てを束縛と感じる夫婦が増加し、少子化が進む中、子供を望むカップルの負担を少しでも減らすために、病院関係者や医療行政の担当者にも是非一読して欲しいと感じた。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/7/23に作成しました。


にほんブログ村 家族ブログに参加しています。応援よろしくね。

≪ 赤ちゃんが欲しい (No.26)ホーム体外受精 Update ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

BE SHOP 自然な形で体質改善

プロフィール

梅莉

Author:梅莉








My Yahoo!に追加

Add to Google

ブログ内検索

最新の記事

RSSフィード

全ての記事を表示する

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。