不妊症体験談!赤ちゃんのために出来ること!

不妊治療して赤ちゃんを授かったママの体験を素に… 安産祈願・子宝祈願の出来る、神社仏閣も随時アップ中!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク


検索してみよう

色々なキーワードで検索してみませんか?

検索ワード例
不妊症 漢方 / 不妊症 漢方 薬散 / 不妊症 原因 / 不妊症 原因 スピリチュアル / 男性 不妊症 原因 / 不妊症 原因 細菌 / 不妊症 原因 治療 / 不妊症 原因 淋菌 / 不妊症 男性 / 不妊症 男性 ミネラル / 不妊症 男性 治療 / 不妊症 男性 対策 / 不妊症 検査 / 不妊症検査 費用 / 不妊症 検査 男性 / 不妊症 検査 いつ / 不妊症 検査 抗核抗体 / 不妊症 治療 / 不妊症 治療 仕事 / L不妊症 治療 仕事 40歳 / 不妊症治療 鍼灸院 東京 / 不妊症治療 豆乳 / 不妊症 治療 やったこと / 不妊症 治療 病院 / 男性 不妊症 治療 / L男性不妊症 治療 病院 医院 / 無月経 不妊症 治療 / 不妊症治療 日記 / 不妊症 ブログ / 不妊症 漢方薬 / 不妊症 病院 / 不妊症 掲示板 / 不妊症 マカ
BE SHOP 自然な形で妊娠を目指す!

はじめに
不妊治療の本
世間の目
結婚したら赤ちゃんが出来る?
流産体験談
妊娠初期の生活に注意してくださいね!今は危険な時期ですよ。
流産って辛い
授かった赤ちゃんを大切に
手のひらに乗った小さな赤ちゃん
流産したときはそっとしておいて欲しい
死産体験談
死にまで至ったストレスのお話し
不妊症とは
不妊症とは
不妊症かなと思ったらセルフチェックしてみてね
セルフチェックしましょう
不妊治療に使われる医療用語【女性】
不妊治療に使われる医療用語【男性】
赤ちゃんが欲しい
赤ちゃんが欲しいと思ったら基礎体温を測りましょう
生命誕生の不思議!!排卵から着床までの物語
不妊症で悩んでいるあなた!あなたは冷え性ではないですか?
わが子をこの腕に抱きたくて!元気な赤ちゃんが生みたくて。
  ┣本当にあった、想像妊娠のお話し!
子宮内膜症
子宮内膜症とは
子宮内膜症の治療は
もっと知りたい内膜症のこと
子宮内膜症体験談
不妊症が原因?恥骨の辺りが痛い!そんな経験ありますか?
私の病気!子宮内膜症
婦人科を捜し求めて
赤ちゃんを授かるために
赤ちゃんを授かるためにすることは!
婦人科へ行くってちょっと不安
基礎体温を測りましょう
こんなときは婦人科へ行こう
婦人科へ行こう【2】
思い切って病院へ行ってみよう
もし自分たち夫婦が不妊症って思うなら
病院選びのポイントは
病院へ行くときの準備って?
初診ってどんなことをするの?【女性】
初診ってどんなことをするの?【男性】
治療はどんな風に行われるの?
原因を知るために行われる検査
頸管粘液検査
超音波検査
通気・通水検査
子宮卵管造影検査
選択的頸管造影検査
子宮鏡検査
フーナーテスト
なぜ赤ちゃんが出来ないの?
おりものに注意してみてください
生理の周期は大丈夫ですか?
流産したことはありますか?
急激に体重が減ったりしていませんか?
体調はいいですか?
中絶の経験はありますか?
男性に原因が?
ちゃんと射精できていますか?
精液の様子は?
性器の様子はどうですか?
男女共通の危険因子
こんな病気に心当たりはありますか?
太りすぎですか?
嗜好品を多くとる人は要注意
ストレスとホルモンの関係
仕事はハードですか?
家族に不妊の人は居ますか?
自力で妊娠する努力
排卵日をねらっていますか?
妊娠のためのセックスって!
良い精子を作るために
妊娠するための栄養素って何?
男性の精力を高める栄養素は?
こんな食べ物は体に良い妊娠しやすい体を作るために
こんなお茶が効く
血行が悪いと不妊につながる
漢方で妊娠しやすく
妊娠のためのメカニズム
排卵のしくみ
排卵から生理まで
精子の旅から始まり受精と着床まで
不妊の原因をもっと知りたい
女性の場合の不妊の原因は
卵管障害
排卵障害
度重なる流産の原因は?
男性の場合の不妊原因
精子形成障害
もっと知りたい男性不妊
安産・子宝祈願
北海道
青森
岩手
秋田
山形
宮城
福島
茨城
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 家族ブログに参加しています。応援よろしくね。

メニュー

私は今現在40歳になりました。
4歳の女の子のママです。
子供は一人、やっと生まれてきたかわいいわが子です。
結婚して、出産するまでに8年かかりました。
妊娠は3回あり、最初の2回は流産と言う結果に終わってしまったのです。
とてもつらくて悲しい思いをしました。
3度目の妊娠のときも出血をして入院。
7ヶ月に入るころには妊娠中毒症で入院。
生まれてくるときは帝王切開。
色々と経験をしてきました。
結婚前には、子宮内膜症になっていることが分かり、 治療したこともあります。
結局3回目の妊娠の前に手術で卵巣を一部摘出しています。
そんな経験をしてきたわたしですので、
子供が欲しいと悩んでいる方の気持ちは少しは理解できると思っています。
世の中には私なんかよりももっとつらい不妊治療をしている方が沢山いらっしゃると思います。
こればかりは本人にしか分からない気持ちがとても多いと思うのです。
でもそんな気持ちを少しでもやわらげることが出来たら、
そんな気持ちでこのサイトを立ち上げました。
まだまだ内容の乏しいものではありますが、
少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

にほんブログ村 家族ブログに参加しています。応援よろしくね。
スポンサーサイト

不妊で5年悩んだ私が、わずか2ヶ月で妊娠することができた!!【病院に行かなくても赤ちゃんができた魔法の妊娠術】


不妊で5年悩んだ私が、わずか2ヶ月で妊娠することができた!!【病院に行かなくても赤ちゃんができた魔法の妊娠術】

5年も悩んでいると毎月生理が来るのがいやになりますね。

それがたった2ヶ月で自然妊娠出来たなんて・・・

私の場合は手術がきっかけで妊娠出来たようですが、

実は不妊ではなく未妊という人も多いようです。

ちょっとしたことがきっかけで妊娠出来る。

ちょっとしたことでなかなか妊娠できないなんてこと意外と多いのです。

私の知り合いにも私がちょっと一言アドバイスしただけで、

妊娠出来た人はたくさんいます。

もちろん何らかの理由で妊娠できない人もいるでしょう。

理由が分かっているなら治療して妊娠出来るように病院へ行けばよいですよね。

でもはっきりとした理由もわからず、ただ不安に病院に通っているなら、

こんなマニュアルを読んでみるのも一つの方法かもしれませんね。

私は自分の時にそんな方法に出会えなかったし、

はっきりとした理由もわからないまま何年も過ごしてしまいました。

無駄な時間だったように思います。

年齢を重ねてからの出産、育児は大変です。

少しでも早く妊娠出来るようにいろいろなことにチャレンジしてみるのもよいと思います。

勇気をもっと1歩前に進みましょう。

にほんブログ村 家族ブログに参加しています。応援よろしくね。

<卵子提供>容認派が4分の1超える 初の意識調査

子供が欲しいから他の女性から卵子の提供を受けて妊娠、出産をする。
これってどうなんでしょうね?
私個人としてはそこまではしなくて良いかなって思います。
自分の卵子で、自分の血を受け継いだ子供が欲しいと思うし、
他の人に卵子を提供しようとも思いません。
人それぞれ色々な意見があると思いますが、
私なら、そこまでは考えませんね。
夫婦の間で子供が出来ないのなら、夫婦二人の生活を楽しむことを考えると思います。
実際にその立場になったらまた違う考えがになるのかもしれませんが、
今の段階ではそう考えますね。
みなさんはいかがですか?

不妊の女性が他の女性から卵子の提供を受けて妊娠・出産を目指す治療について、厚生労働省の研究班(主任研究者=吉村泰典・慶応大教授)が実施した国内初の意識調査の結果がまとまった。国内で卵子提供が認められるようになった場合、「自分の卵子を提供してもよい」「どちらかといえば提供してもよい」と答えた女性が4分の1を超えた。また卵子提供にあたり、金銭など何らかの報酬を求めた女性が全体の46.5%だった。
 調査を実施した朝倉寛之・扇町レディースクリニック院長は「国内にも卵子提供に協力してもよいと考えている女性が、一定数いることが分かった。一方、卵子提供では採卵時に副作用の可能性があるほか、1カ月以上自由を制約されるため、提供者の確保には何らかの対価が必要と考えられる」と話す。
 調査は昨年12月、20~34歳の一般女性を対象にインターネットで実施。517人から回答を得た。国内での卵子提供による不妊治療の実施については、52.6%が肯定的な答えだった。
 制度ができた場合、自ら卵子を提供することに肯定的だったのは25.8%、「提供したくない」など否定的な答えは42.9%だった。肯定的な理由で最も多かったのは「不妊夫婦の役に立ちたい」、否定的な理由で多かったのは「自分の遺伝子を引き継ぐ子の誕生への抵抗感」「生まれた子と自分の家族の関係が複雑になる」だった。
 提供卵子を使った体外受精による不妊治療は、国内では現在認められていない。米国など海外で治療を受けるカップルも多い。厚生労働省生殖補助医療部会が03年にまとめた報告書は、国内でも卵子提供による不妊治療を認める一方、実費以外は無償の提供を条件とした。卵子提供の際は提供者は匿名とするが、生まれた子どもの「出自を知る権利」は認めた。
 卵子提供に対する報酬に関しては、「どんな報酬があっても提供しない」が34.6%だった一方、「金銭報酬があるなら提供してもよい」が24.6%、「税控除など優遇措置があれば提供してもよい」が21.9%で、厚労省の報告書の「実費以外は無償で提供してもよい」は15.1%にとどまった。具体的な希望報酬額は平均約90万円、最も回答が多かったのは10万円だった。

 卵子提供で生まれた子との関係については、「自分の卵子提供で生まれた子は事実を知らされない方がよい」が45.5%に達したものの、匿名や実名での子どもとの接触を容認する人が1~2割いた。また、生まれた子が卵子提供者がだれかを知る可能性があると分かった場合でも、「提供してもよい」という人が28.2%いた。
 朝倉院長は「提供に前向きな女性は提供後の夫婦や生まれた子との関係にも関心を示しており、心理面でのサポート体制が必要だ」と話す。
 ◇容認報告書…4年たった今も制度化進まず
 加齢や病気で妻の卵巣が機能不全になった場合、他の女性から卵子の提供を受け、夫の精子と体外受精し、その受精卵を妻の子宮に戻す不妊治療が考えられる。この治療は国内では認められておらず、海外で治療を受けるカップルも多い。厚生労働省の生殖補助医療部会は03年、容認する報告書をとりまとめたが、4年たった今も制度化は進んでいない。
 卵子提供をめぐっては、採卵時の副作用や時間的拘束に注目が集まりがちだが、提供女性が直面するであろう提供相手との関係を心理面からどうサポートするかが、実際の運用では課題になる。
 報告書は、卵子提供の際は提供者は匿名とするが、生まれた子が15歳になった段階で「出自を知る権利」を認めた。同省研究班の意識調査でも、提供相手の夫婦や生まれた子との関係で、何らかの情報開示や接触を容認するという人が多かった。卵子提供時点にとどまらない長期的な支援体制の整備が不可欠なことを明確に示している。
 また、報告書は実費以外は無償の提供を条件とした。しかし、意識調査では、提供に前向きな女性に限ってみると、3分の2が何らかの報酬を求めており、報告書との乖離(かいり)が目立った。研究班は「金もうけが目的ではなく、採卵に伴う拘束への対価と考えれば、もっともな要望といえる」と分析、再検討が必要になるかもしれない。
 日本学術会議は、不妊の女性に代わり他の女性が出産する「代理出産」に関する検討を始めた。だが、卵子や精子の提供に関しては具体的な検討の見通しはない。今回の調査結果は、制度運用にあたって多くの準備や検討の必要性を示しており、国が明確な方針を示すことが求められる。【永山悦子】

最終更新:4月19日15時12分
Yahooニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000057-mai-soci

にほんブログ村 家族ブログに参加しています。応援よろしくね。

HomeNext ≫

BE SHOP 自然な形で体質改善

プロフィール

梅莉

Author:梅莉








My Yahoo!に追加

Add to Google

ブログ内検索

最新の記事

RSSフィード

全ての記事を表示する

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。